印鑑の原理

印鑑イメージ

会社を興した人や、何らかの事業を行っている人なら、社印を何度か見かけたことがあるでしょうし、使ったことがある人もいることでしょう。
会社に関係する印鑑の種類は何種類かありますが、そもそも社印とは、どの印鑑のことを意味するのかと疑問に思ってしまう人もいるかもしれませんね。

社印とは、会社にまつわる印鑑全てのようにも聞こえますが、正確には違います。
別名、角印などと呼ばれていて、会社のしるしとして、別の会社との書類のやり取りなどにも頻繁に使われます。
個人の印鑑で言うところの、認印と同じ扱いだと覚えておけばいいでしょう。
ですが、個人で使う三文判のように書体が読みやすいものであることは珍しいのです。

たとえ認印のような役割であっても会社にとっては重要なものといえるでしょう。
印鑑は本来どれも大切な役割を持っているわけですから、簡単に偽造されないような形にしておくのが一般的です。
社印の特徴としては、大き目の四角い印鑑であることです。

そのため、別の印鑑と比較してみてもその違いがすぐにわかるものです。
普段会社や仕事にかかわりの無いような人であっても、何らかの文章を見たときに、この四角い印鑑をみたことがあるはずです。
個人の場合は丸い印鑑がほとんどですから、四角い印鑑はとても特徴的だといえるでしょう。
四角い印をみかけたら、社印だと思って文章全体を見てみれば、文章の内容をとらえるのが楽になるかもしれませんね。

ページの先頭へ